COMPANY 会社情報

健康経営への取組み

『健康優良企業 金の認定』取得。健康こそ東京不動産管理を動かす原動力です。
健康経営トライアングル

当社の健康ビジョンは従業員が「長期にわたり健康で意欲的に働ける環境づくり」です。昨今では「労働時間の適正化と生産性向上」・「重大疾病の早期予防・発見」に重点をおいて様々なサポートを行っています。

健康経営トライアングル

健康経営推進チーム

グループをあげて健康経営・健康管理に取り組んでいます。

GROUP MISSION STATEMENT 東京建物グループ健康経営宣言。

東京建物の企業理念は「信頼を未来へ」であり、"世紀を超えた信頼を誇りとし、企業の発展と豊かな社会づくりに挑戦する"という意味が込められています。
この企業理念を体現するためには、役職員ならびにその家族が健康であることが大切と考えております。
私たち東京建物グループは、役職員の心身の健康を「企業の持続的な発展の源泉」と捉え、一人ひとりの健康の維持・増進活動を積極的に推進してまいります。
私は「最高健康経営責任者」として、そのための環境整備を強化し、グループ一丸となって「健康経営」に取り組むことを宣言いたします。

東京建物株式会社 代表取締役社長執行役員 野村 均

健康経営トライアングル

CHO(Chief Health Officer) MESSAGE

当社はサービス業を主体として、人財で支えられています。社内外でお客様と接する機会も多く、笑顔で対応するためには健康であることが必須条件だと考えております。つまり、健康であることで顧客満足度や従業員満足度を向上させることが可能となります。そして結果としてそれが当社の成長に繋がっていくと信じています。そのためには、従業員とそのご家族を含めた健康管理が欠かせません。「予防に勝る治療はなし」という考え方のもと、各種健康診断・人間ドックを実施し予防管理に取り組んでおります。一人ひとりが健康で笑顔で仕事に向き合えるよう、健康管理・健康増進に取り組んでまいります。

東京不動産管理株式会社
代表取締役社長執行役員 輿水 秀一郎

健康経営トライアングル

東京不動産管理はさまざまな角度から「健康」を支えています。

定期健康診断受診状況の推移(過去5年間)
年度 2014 2015 2016 2017 2018
受診率 99.7% 99.8% 99.9% 99.9% 100%

定期健康診断に関しましては、毎年髙い水準で受診率が推移しており、2018年度におきましては100%受診を達成しております。従業員の健康意識の醸成のための情報公開や積極的な受診勧奨により、被保険者皆受診を実現しています。

メンタルヘルス研修・カウンセリング窓口の設置

全従業員に対してセルフケア研修を、さらに新任管理職にはラインケア研修への参加を義務付けており、「こころの健康づくり活動」を推進しています。(受講率100%)また健保組合ではメンタルヘルスに関するカウンセリング窓口を用意し、メンタルヘルスに悩む従業員が相談できる体制を整えています。

メンタルヘルス研修・カウンセリング窓口の設置

季刊誌「TFK健康NEWS」発行

従業員の健康意識の醸成を目的に2018年夏に「健康」をテーマとした社内情報誌を創刊いたしました。季刊広報誌として、季節ごとの健康管理の留意点や健康診断シーズンには告知・動員に向けた企画を立案し誌面を通じて従業員にメッセージを発信しています。

季刊誌「TFK健康NEWS」発行

感染症予防・インフルエンザ予防接種の実施

当社では毎年インフルエンザ対策を講じております。全従業員に対してインフルエンザ予防接種費用を補助するほか、社内でインフルエンザ集団予防接種会も実施し、感染症予防対策を推進しています。

感染症予防・インフルエンザ予防接種の実施

過重労働対策

健康障害、メンタルヘルス障害を防止し、従業員がいきいきと働けるよう、当社では「ノー残業デー」「自動消灯」「時差Biz」などを推進し、時間外労働の削減に取り組んでいます。
※上記取組みの経営に対する影響の分析
ひとり当たり平均残業時間においては、2015年度が17.6時間に対し、2018年度では15.3時間と減少。また2018年度のひとり当たり営業利益(労働生産性)は2015年度対比で2%向上しています。

過重労働対策

有所見者重症度ゾーン別再検査受診勧奨活動

産業医の協力・監修のもと、有所見者の健康データをその状態別に4段階に分類。重症度合いに合わせて再検査勧奨の方法を変え、生活習慣病など重大疾病が予見される従業員に対しては、定期的なフォローを実施しています。

有所見者重症度ゾーン別再検査受診勧奨活動

コミュニケーション活性化

当社では従業員によるクラブ活動(友和会)を積極的に支援し、運動機会の提供と従業員同士のコミュニケーションの活性化を推進しています。
【主なクラブ活動】
マラソン部、野球部、サッカー部、テニス部、釣り部、音楽部、自転車部、卓球部、ウォーキング部、カラオケ部、ゴルフ部、写真部

健康経営トライアングル